OTのブログ

約11年間ではありますが作業療法士をしています。新たな挑戦としてブログ始めました!! 医療福祉の情報や病気、怪我、体験談なども書いていきたいと思います!! よろしくお願いします。

ベッド型ウォーターマッサージの導入について ~アンケート結果を踏まえて~

ベッド型ウォーターマッサージの導入について

f:id:ohashi-no-hanashi:20191031190711j:plain

 

現在働いているデイサービスでベッド型マッサージの導入が検討されました。

結果として導入されませんでしたが…(笑)

導入予定までの流れをまとめてみました。

興味があれば読んでみてください。

 

<ベッド型マッサージ機メーカーリンク>

ウォーターベッド型マッサージ器 | 医療機器販売:レンタル/整骨院開業支援・経営支援:ヒラタメディカル株式会社

アクアヴィーナス | 酒井医療株式会社

 

 

1. マッサージとは


・押す、撫でる、さする、揉むなどの外的刺激を与えることで、痛みなどの症状の軽減させたり、運動機能の維持改善精神的リラクゼーション効果がある方法。

 

 

2.マッサージ効果

<主な治療効果>

・心肺機能の改善

疼痛の緩和

・皮膚温を高め発汗機能の改善

・血液・リンパの循環改善(浮腫の軽減)

・関節機能の維持改善、内臓器官の機能改善

心理的効果があるとされる。
※水圧刺激と浮遊感を提供することでストレス解消や血液循環の向上及びリハビリ筋肉疲労物質の除去といった数多くの効果が期待される。

 

<簡単に説明すると>
① 首や肩、腰の痛みの軽減、固まった筋肉を柔らかくする
② 体の痛み・柔らかくすることで全体の筋力の維持・向上を図ることができる
③ 物理的な刺激によって、精神的にリラックスすることができる

 

3.予定使用方法

 

①使用時間、人数、場所
<職員の場合>
・1日の使用人数 → 約4~5人程度
・1人の使用時間 → 10~15分
※予定実施時間帯 昼休み・夕方、仕事明け
・使用金額    → 100円(予定金額)
・予定使用場所  → デイホール横にスペースを作る予定

 

<利用者の場合>
・1日の使用人数 → 約15人程度(日により対象利用者に変動あり)
・1人の使用時間 → 10分(10分/約2,8円(メーカーパンフレットより))
※予定実施時間帯 AM9:30~11:00 PM13:00~14:00
・使用金額    → 100円(予定金額)
・予定使用場所  → デイホール横にスペースを作る予定

 

4.確認事項

<職員>
・酔い方には不向き(メーカーからの注意事項にもあり)
※他メーカーによっては酔いにくいように改善点もあり。


<利用者>
禁忌事項の確認(心疾患、大腿骨頚部骨折、円背等の方に使用可能か)
・使用時の動作音のチェック(他利用者に影響はないか)
・マッサージ器本体の移動可能か(付属でキャスターは付くのか) 

 

5.アンケート実施


【1】現在、痛みや凝りがあるか
主に首、肩、腰の3つの部位に痛みや凝りがあることが分かった。場所を考えると介護場面でよく使う部位であることがよくわかる。また、足や体全身と言った場所も痛いとの結果が出た半面、1/3の職員がどこも痛みや凝りがないといった結果もでた。


【2】マッサージ器を使用して今後も利用したいか?
ほぼ9割が今後も使用したいとの結果であったが、1人の職員が体の痒みの訴えがあった。


【3】感想
<良い点>
・思った以上に気持ち良かった。
・血行が良くなった感じがする。
・リラックスできた。
・下半身が軽くなった感じがした。
・全身がほぐれた感じがした。


<悪い点>
・フワフワする感じが苦手な人もいるかも。
・浮遊感があったがその後落ち着いた。足のマッサージが気持ち良かった。
・フワフワした感じがあるので長時間は利用できなかった。
・肩にもっと圧が欲しい。


※全体的に良い印象が多くあったが、浮遊感やマッサージの強さに違和感が見られた。浮遊感や強さは機械の設定で調節可能であるため、職員にとっては体のメンテナンスには良いと思われる。今後使用していくとしたら、職員としては機械の設置場所(利用しやすい場所、専用スペースがほしい等)や金額面(なるべくリーズナブルな価格で)に対しての心配がある。

 

6.まとめ

 
アンケートからも分かる通り、首や肩、腰に負担を強いられる仕事をしている中でリラックスでき、気持ちが良いという面で導入して欲しいという意見が多かった。

しかし、マッサージ器の場所によっては使いづらいという面もあるため、導入に至る際は職員・利用者が使用しやすい環境づくりが重要になってくると思われる。

ベッド型マッサージ器の導入が、職員の身体を守る1つのツールになったり、利用者の楽しみに繋がってくれると良いと思う。

 


引用文献・参考文献
1)石叡人 他.ウォーターマッサージベッドを用いたマッサージの自律神経活動変化と主観的評価の関係.日本感性工学会文誌Vol.15 No.3 pp.297-302(2016)
2)石叡人.ウォーターベッドマッサージに関する感性工学研究.Kobe University Repository:Thesis 2016-09-25
3)松吉秀武.ベッド型マッサージ器を用いた水平(外側)半規管型良性発作性頭位めまい症クプラ結石症の治療成績.Equilibrium Res Vol.70(1) 10~16.2011