作業療法~医療・福祉・OTのブログ~

約11年間ではありますが作業療法士をしています。新たな挑戦としてブログ始めました!! 医療福祉の情報や病気、怪我、体験談なども書いていきたいと思います!! よろしくお願いします。

【介護】個別機能関連のみ抜粋「令和3年度介護報酬改定に関するQ&A (Vol.3)(令和3年3月26日)」

令和3年度介護報酬改定に関するQ&A(令和3年3月26日)個別機能関連のみ抜粋

 

f:id:ohashi-no-hanashi:20210330152644j:plain

 

※あまりにも膨大であるため、個別機能訓練に関わるもの(リハビリテーション)についてのみを抜粋して載せました。しかし、個別機能関連だけでも1万文字を超えているため読むのが大変かと思います。重要だと思われるところにアンダーラインを引きました。皆さんのお役に立てればと思います。

 

「令和3年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.3)(令和3年3月26日)」の送付について(介護保険最新情報vol.952 ⇩⇩⇩

「令和3年度介護報酬改定に関するQ&A(Vol.3)(令和3年3月26日)」の送付について(介護保険最新情報vol.952)|公益社団法人 全国老人保健施設協会 (roken.or.jp)

 

 

Barthel Index の読み替えについて

科学的介護推進体制加算、ADL維持等加算(Ⅰ)若しくは(Ⅱ)、自立支援促進加算、個別機能訓練加算(Ⅱ)、リハビリテーションマネジメント加算(A)ロ若しくは(B) ロ、リハビリテーションマネジメント計画書情報加算又は理学療法若しくは作業療法 及び言語聴覚療法に係る加算において、Barthel Index(BI)のデータ提出に際して、 老人保健健康増進等事業において一定の読み替え精度について検証されているICFステージングから読み替えたものを提出してもよい

(答) BIの提出については、通常、BIを評価する場合に相当する読み替え精度が内容の妥当性を含め客観的に検証された指標について、測定者が、 - BIに係る研修を受け、 - BIへの読み替え規則を理解し、 - 読み替え精度等を踏まえ、必要に応じて、読み替えの際に、正確な BI を別途評価する等の対応を行い、提出することが必要である。

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)の人員配置要件

個別機能訓練加算(Ⅰ)イにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置することとなっているが、具体的な配置時間の定めはあるのか

(答) 個別機能訓練加算(Ⅰ)イに係る機能訓練指導員については、具体的な配置時間の定めはないが、当該機能訓練指導員は個別機能訓練計画の策定に主体的に関与するとともに、 利用者に対し個別機能訓練を直接実施したり、実施後の効果等を評価したりする必要があることから、計画策定に要する時間、訓練時間、効果を評価する時間等を踏まえて配置すること。なお、当該機能訓練指導員は専従で配置することが必要であるが、常勤・非常勤の別は問わない

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)の人員配置要件

個別機能訓練加算(Ⅰ)ロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置することに加えて、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等をサービス提供時間帯を通じて1名以上配置することとなっているため、 合計で2名以上の理学療法士等を配置する必要があるということか。

(答) 貴見のとおり。

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロの人員配置要件①

個別機能訓練加算(Ⅰ)ロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置することに加えて、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等をサービス提供時間帯を通じて1名以上配置することとなっているが、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名しか確保できない日がある場合、当該日は個別機能訓練加算(Ⅰ)ロに代えて個別機能訓練加算(Ⅰ)イを算定してもよいか

(答) 差し支えない。ただし、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上 配置しているのみの場合と、これに加えて専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等をサービス提供時間帯を通じて1名以上配置している場合では、個別機能訓練の実施体制に差が生じるものであることから、営業日ごとの理学療法士等の配置体制について、利用者にあらかじめ説明しておく必要がある

 

個別機能訓練加(Ⅰ)イ及びロの人員配置要件②

個別機能訓練加算(Ⅰ)ロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置することに加えて、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等をサービス提供時間帯を通じて1名以上配置することとなっているが、個別機能訓練 加算(Ⅰ)ロは、この要件に基づき、合計で2名以上の理学療法士等を配置している時間帯 において個別機能訓練を実施した利用者に対してのみ算定することができるのか。

(答) 貴見のとおり。例えばサービス提供時間が9時から 17 時である通所介護等事業所において、 - 9時から 12 時専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名配置 - 9時から 17 時専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名配置した場合、9時から 12 時までに当該理学療法士等から個別機能訓練を受けた利用者に対してのみ、個別機能訓練加算(Ⅰ)ロを算定することができる。(12 時以降 17 時までに当 該理学療法士等から個別機能訓練を受けた利用者については、個別機能訓練加算(Ⅰ)イ を算定することができる。)

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロ人員配置要件③

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロにおいては、個別機能訓練計画を作成するにあたり、利用者の居宅を訪問し、利用者の居宅での生活状況の確認等を行うこととなっているが、利用者の居宅を訪問している時間については、人員配置基準上、確保すべき勤務 延時間数に含めることとしてもよいか。

(答)

機能訓練指導員については、個別機能訓練加算(Ⅰ)ロの場合のみ、サービス提供時間帯を通じて専従での配置を求めているが、利用者の居宅を訪問している時間については、個別機能訓練の実施に支障がない範囲においては、配置されているものとみなして差し支えない。(なお、個別機能訓練加算(Ⅰ)イについては、配置時間の定めはない。)

活相談員については、個別機能訓練加算にかかるものか否かを問わず、「利用者宅を訪問し、在宅での生活の状況を確認した上で、利用者の家族も含めた相談・援助のための 時間」は確保すべき勤務延時間数に含めることができることとなっている。

介護職員については、利用者の居宅を訪問している時間については、確保すべき勤務延時間数に含めることができず

看護職員については、利用者の居宅を訪問する看護職員とは別に看護職員が確保されていない場合においては、利用者の居宅を訪問する看護職員は、利用者の居宅を訪問している時間帯を通じて同加算を算定する事業所と密接かつ適切な連携を図る必要がある

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロの人員配置要件④

個別機能訓練加算(Ⅰ)イにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置することとなっている。また個別機能訓練加算(Ⅰ)ロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置することに加えて、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等をサービス提供時間帯を通じて1名以上配置することとなっているが、これらの理学療法士等は病院、診療所、 訪問看護ステーション等との連携により確保することとしてもよいか

(答) 個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロについては、いずれの場合も、当該加算を算定する事業所に理学療法士等を配置する必要があることから、事業所以外の機関との連携により確保することは認められない

 

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロと第一号通所事業の運動器機能向上加算との関係

第一号通所事業と一体的に運営される通所介護において、個別機能訓練加算(Ⅰ) イ又はロを算定するために配置された機能訓練指導員が、第一号通所事業の運動器機能向上加算を算定するために配置された機能訓練指導員を兼務できるのか。

(答) 通所介護の個別機能訓練の提供及び第一号通所事業の運動器機能向上サービスの提供、 それぞれに支障のない範囲で兼務することが可能である

 

機能訓練指導員が専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を兼務した場合の個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロの算定

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を配置する必要があるが、通所介護事業所(地域密着型通所介護事業 所)において配置が義務づけられている機能訓練指導員に加えて、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を配置する必要があるのか

(答)

・ 機能訓練指導員の配置基準は、指定通所介護事業所(指定地域密着型通所介護事業所) ごとに1以上とされている。この基準により配置された機能訓練指導員が「専ら機能訓練 指導員の職務に従事する理学療法士等」である場合は、個別機能訓練加算(Ⅰ)イの算定要件や個別機能訓練加算(Ⅰ)ロの算定要件の一つである「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を1名以上配置」を満たすものとして差し支えない。

・ また、この基準により配置された機能訓練指導員が「専ら機能訓練指導員の職務に従事 する理学療法士等」であって「サービス提供時間帯を通じて」配置されている場合にあっては個別機能訓練加算(Ⅰ)ロの算定要件である「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等をサービス提供時間帯通じて1名以上配置」を満たすものとして差し支えない。

このため、具体的には以下①②のとおりとなる。

機能訓練指導員の配置基準により配置された機能訓練指導員が、「専ら機能訓練指導 員の職務に従事する理学療法士等」である場合 - 個別機能訓練加算(Ⅰ)イを取得する場合は、機能訓練指導員の配置基準により配 置された機能訓練指導員が「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」で あることから、これに加えて「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」 を配置することなく、同加算の人員配置に係る要件を満たすことが可能である。 - 個別機能訓練加算(Ⅰ)ロを取得する場合は、機能訓練指導員の配置基準により配置された機能訓練指導員が「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」で あることから、これに加えて「サービス提供時間帯を通じて専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」を配置すれば、同加算の人員配置に係る要件を満たすことが可能である。

機能訓練指導員の配置基準により配置された機能訓練指導員が、「専ら機能訓練指導 員の職務に従事する理学療法士等」であって、サービス提供時間帯を通じて配置される 場合 - 個別機能訓練加算(Ⅰ)イを取得する場合は、機能訓練指導員の配置基準により配 置された機能訓練指導員が「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」で35 あることから、これに加えて「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」 を配置することなく、同加算の人員配置に係る要件を満たすことが可能である。 - 個別機能訓練加算(Ⅰ)ロを取得する場合は機能訓練指導員の配置基準により配置された機能訓練指導員が、「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」 であって、サービス提供時間帯を通じて配置されていることから、これに加えて「専 ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」を配置すれば、同加算の人員配置 に係る要件を満たすことが可能である

 

看護職員が専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を兼務した場合の個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロの算定

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を配置する必要があるが、通所介護(地域密着型通所介護)事業所に配置が義務づけられている看護職員がこれを兼ねることは可能

(答)

① 指定通所介護事業所及び指定地域密着型通所介護事業所(定員が 11 名以上である事 業所に限る)における取扱い この場合、看護職員の配置基準は、指定通所介護(指定地域密着型通所介護)の単位 ごとに、専ら当該指定通所介護(地域密着型通所介護)の提供に当たる看護職員が1以 上確保されるために必要と認められる数を置くべきと定められており、配置時間に関 する規定はないことから、看護職員としての業務に従事していない時間帯において、個 別機能訓練加算(Ⅰ)イの算定要件や個別機能訓練加算(Ⅰ)ロの算定要件の一つである 「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」として勤務することは差し支えない

② 指定地域密着型通所介護事業所(定員が 10 名以下である事業所に限る)における取扱 い この場合、看護職員の配置基準は介護職員と一体のものとして定められており、指定 地域密着型通所介護の単位ごとに、指定地域密着型通所介護を提供している時間帯に、 専ら指定地域密着型通所介護の提供に当たる看護職員又は介護職員が勤務している時間数の合計数を提供単位時間数で除して得た数が1以上確保されるために必要と認め られる数を置くべきとされている。この配置基準を看護職員により満たしている事業所にあっても、看護職員としての業務に従事していない時間帯において、個別機能訓練加算(Ⅰ)イの算定要件や個別機能訓練加算(Ⅰ)ロの算定要件の一つである「専ら機能 訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」として勤務することは差し支えない。(「専 ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」として勤務している時間数は、専ら 指定地域密着型通所介護の提供に当たる看護職員としての勤務時間数に含めない。) なお、

①②いずれの場合においても、都道府県・市町村においては、看護職員としての業務と専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等としての業務のいずれも行う職員が、本来の業務である利用者の健康管理や観察を行いつつ、個別機能訓練加算(Ⅰ)イ 又はロの要件を満たすような業務をなし得るのかについて、加算算定事業所ごとにその実態を十分に確認することが必要である。

 

看護職員かつ機能訓練指導員である者が、専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を兼務した場合の個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロの算定

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事す る理学療法士等を配置する必要があるが、通所介護(地域密着型通所介護)事業所に配 置が義務づけられている看護職員かつ機能訓練指導員である者がこれを兼ねることは 可能か。

(答) (看護職員と機能訓練指導員の兼務)、問 55(機能訓練指導員が専ら機能訓練指導 員の職務に従事する理学療法士等を兼務した場合の個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロの算 定)、問 56(看護職員が専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を兼務した場 合の個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロの算定)によれば、以下のとおりの解釈となる。

① 指定通所介護事業所及び指定地域密着型通所介護事業所(定員が 11 名以上である事 業所に限る)における取扱い 看護職員としての業務に従事していない時間帯において、配置が義務づけられている機能訓練指導員かつ個別機能訓練加算(Ⅰ)イの算定要件や個別機能訓練加算(Ⅰ)ロ の算定要件の一つである「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」として勤務することは差し支えない。

② 指定地域密着型通所介護事業所(定員が 10 名以下である事業所に限る)における取扱 い 看護職員又は介護職員に係る配置基準を、看護職員により満たしている事業所にあ っては、看護職員としての業務に従事していない時間帯において、配置が義務づけられ ている機能訓練指導員かつ個別機能訓練加算(Ⅰ)イの算定要件や個別機能訓練加算 (Ⅰ)ロの算定要件の一つである「専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」 として勤務することは差し支えない。(配置が義務づけられている機能訓練指導員かつ 専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等として勤務している時間数は、専 ら指定地域密着型通所介護の提供に当たる看護職員としての勤務時間数に含めない。

 

管理者が専ら機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を兼務した場合の個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロの算定

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事す る理学療法士等を配置する必要があるが、指定通所介護(指定地域密着型通所介護)事業所に配置が義務づけられている管理者がこれを兼ねることは可能か

(答)

管理者の配置基準は、定通所介護等事業所ごとに専らその職務に従事する常勤の管理者を置くこと(ただし、指定通所介護等事業所の管理上支障がない場合は、当該指定通所 介護等事業所の他の職務に従事し、又は同一敷地内にある他の事業所、施設等の職務に従 事することができる。)とされている。

・ 一方で、個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロにおける人員配置基準は、専ら機能訓練指導員 の職務に従事する理学療法士等を配置することを求めるものであることから、指定通所 介護等事業所に配置が義務づけられている管理者が、管理者としての職務に加えて、機能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等を兼ねることにより、同基準を満たすことはできないものである。

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロと中重度者ケア体制加算を併算定する場合の取扱い

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロにおいては、専ら機能訓練指導員の職務に従事す る理学療法士等を配置する必要があるが、中重度者ケア体制加算を算定する場合に配置が必要となる看護職員がこれを兼ねることは可能か

(答) 中重度者ケア体制加算を算定するにあたっての人員配置に係る要件は、 a:通所介護等事業所に配置が必要とされる看護職員又は看護職員の数に加え、看護職員又は介護職員を常勤換算方法で2以上確保していること。 b:指定通所介護等を行う時間帯を通じて、専ら当該通所介護等の提供に当たる看護職員を1名以上配置していること。 としており、これに照らせば、aにより配置された看護職員にあっては、中重度者ケア体 制加算の算定に係る看護職員としての業務に従事していない時間帯において、個別機能 訓練加算(Ⅰ)イの算定要件や個別機能訓練加算(Ⅰ)ロの算定要件の一つである「専ら機 能訓練指導員の職務に従事する理学療法士等」として勤務することは差し支えないbにより配置された看護職員は、「指定通所介護等を行う時間帯を通じて、専ら通所介護等の 提供に当たる看護職員」である必要があることから、同一営業日において「専ら機能訓練 指導員の職務に従事する理学療法士等」として勤務することはできない

 

宿泊サービスを長期に利用している者に係る個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロの算定

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロについては、個別機能訓練計画を作成するにあた り、利用者の居宅を訪問し、利用者の居宅での生活状況の確認等を行うこととなってい るが、通所介護等事業所において、長期にわたり、いわゆる「宿泊サービス」を利用している利用者に関しては、どのように対応すればよいか

(答) 個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロは、利用者ごとに心身の状態や居宅の環境をふまえた 個別機能訓練計画を作成し、当該計画に基づき機能訓練を行うことで、利用者の生活機能 の維持・向上を図り、住み慣れた地域で居宅において可能な限り自立して暮らし続けるこ とを目指すために設けているものである。このため、いわゆる「宿泊サービス」を長期にわたって利用しており、居宅で生活していない利用者に対して、同加算を算定することは 基本的には想定されないが、例えば、今後宿泊サービスの利用を終了し居宅での生活を再開する予定である利用者について、利用者とともに居宅を訪問し、居宅での生活にあたっ ての意向等を確認した上で、居宅での生活再開に向けた個別機能訓練を実施する等の場合にあっては、同加算の算定も想定されうるものである。

 

曜日により個別機能訓練加算(Ⅰ)イとロの算定が異なる場合

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロについては、例えば特定の曜日だけ当該加算の人 員配置要件を満たしている場合においては、その曜日において理学療法士等から直接訓練の提供を受けた利用者のみが当該加算の算定対象となることとしているが、曜日によって個別機能訓練加算(Ⅰ)イとロのいずれを算定するかが異なる事業所にあっては、「指定居宅サービスに要する費用の額の算定に関する基準、指定居宅介護支援に要 する費用の額の算定に関する基準、指定施設サービス等に要する費用の額の算定に関 する基準、指定介護予防サービスに要する費用の額の算定に関する基準、指定介護予防 支援に要する費用の額の算定に関する基準、指定地域密着型サービスに要する費用の 額の算定に関する基準及び指定地域密着型介護予防サービスに要する費用の額の算定 に関する基準の制定に伴う介護給付費算定に係る体制等に関する届出等における留意 点について」(平成 12 年3月8日老企第 41 号)に定める「介護給付費算定に係る体制 等状況一覧表(居宅サービス・施設サービス・居宅介護支援)」等はどのように記載させればよいか

(答) 曜日によって個別機能訓練加算(Ⅰ)イとロのいずれを算定するかが異なる事業所にあっては、「加算Ⅰロ」と記載させることとする。(「加算Ⅰロ」と記載した場合であっても、 個別機能訓練加算(Ⅰ)イの算定に必要な人員配置要件のみを満たしている曜日において は、個別機能訓練加算(Ⅰ)イを算定することは可能である。)

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロを算定するにあたっての個別機能訓練計画の作成

令和3年3月サービス提供分までの個別機能訓練加算(Ⅰ)や個別機能訓練加算 (Ⅱ)を算定している利用者についても、個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロを算定するに あたり、再度、利用者の居宅での生活状況の確認等を行い、多職種協働で個別機能訓練計画を作成する必要があるのか

(答) 令和3年3月サービス提供分までの個別機能訓練加算(Ⅰ)や個別機能訓練加算(Ⅱ)と 個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロでは、加算創設の目的が異なることから、令和3年3月サ ービス提供分までの個別機能訓練加算(Ⅰ)や個別機能訓練加算(Ⅱ)を算定していた利用者については、個別機能訓練加算(Ⅰ)イ又はロが目的とする「生活機能の維持・向上を図り、住み慣れた地域で居宅において可能な限り自立して暮らし続けること」を達成するため、「リハビリテーション・個別機能訓練、栄養管理及び口腔管理の実施に関する基本的 な考え方並びに事務処理手順及び様式例の提示について」(令和3年3月16日老認発0316 第3号・老老発 0316 第2号厚生労働省老健局認知症施策・地域介護推進課長、老人保健 課長連名通知)を参照し、個別機能訓練計画の見直しを行う必要がある。なお、見直しにあたっては、令和3年3月サービス提供分までの個別機能訓練加算(Ⅰ)や個別機能訓練 加算(Ⅱ)算定時のモニタリング等により、直近の利用者の居宅での生活状況が把握できている場合は、必ずしも利用者の居宅を訪問する必要はない

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロの訓練項目①

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロにおいては、個別機能訓練の実施にあたり、利用者の生活機能の向上に資するよう複数の種類の訓練項目を準備し、その項目の選択に当たっては、利用者の生活意欲が増進されるよう利用者を援助することとなっているが、どのくらいの種類の訓練項目を準備しておくことが必要なのか

(答) 複数の種類の訓練項目を設けることの目的は、機能訓練指導員その他の職員から助言 等を受けながら、利用者が主体的に訓練項目を選択することによって、生活意欲が増進され、機能訓練の効果が増大することである。よって、仮に訓練項目の種類が少なくても、 目的に沿った効果が期待できるときは、同加算の算定要件を満たすものである。

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロの訓練項目②

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロにおいては、個別機能訓練の実施にあたり、利用 者の生活機能の向上に資するよう複数の種類の訓練項目を準備し、その項目の選択に 当たっては、利用者の生活意欲が増進されるよう利用者を援助することとなっている が、類似する訓練項目を準備した場合でも、複数の種類の訓練項目と認められるのか

(答) 類似する訓練項目であっても、利用者によって、当該訓練項目を実施することで達成すべき目標が異なる場合もあることから、利用者が主体的に訓練項目を選択することによ って、生活意欲が増進され、機能訓練の効果が増大することが見込まれる限り、準備された訓練項目が類似していることをもって、同加算の算定要件を満たさないものとはならない。こうした場合、当該事業所の機能訓練に対する取組み及びサービス提供の実態等を 総合的に勘案して判断されるものである。

 

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロの訓練時間

個別機能訓練加算(Ⅰ)イ及びロに係る個別機能訓練時間については、個別機能訓 練計画に定めた訓練項目の実施に必要な1回あたりの訓練時間を考慮し適切に設定す ることとなっているが、具体的な目安はあるのか

(答) 1回あたりの訓練時間は、利用者のニーズや心身の状態等を踏まえて設定された個別機能訓練計画の目標等を勘案し、必要な時間数を確保するものである。例えば「自宅でご 飯を食べたい」という目標を設定した場合の訓練内容は、配膳等の準備、箸(スプーン、 フォーク)使い、下膳等の後始末等の食事に関する一連の行為の全部又は一部を実践的か つ反復的に行う訓練が想定される。これらの訓練内容を踏まえて利用日当日の訓練時間を適正に設定するものであり、訓練の目的・趣旨を損なうような著しく短時間の訓練は好ましくないなお、訓練時間については、利用者の状態の変化や目標の達成度等を踏まえ、 必要に応じて適宜見直し・変更されるべきものである。