OTのブログ

約11年間ではありますが作業療法士をしています。新たな挑戦としてブログ始めました!! 医療福祉の情報や病気、怪我、体験談なども書いていきたいと思います!! よろしくお願いします。

【感染症】敗血症~感染症から始まる怖い病気。新型コロナウイルスに罹り敗血症で亡くなった方もいます~

【感染症】敗血症

f:id:ohashi-no-hanashi:20200713104158p:plain

敗血症はいつ、誰にでも、どんな感染症からも発生し、体のいかなる部位にも影響をあたえることがあります。

ちょっとした感染症の後で起こることさえあります。

凄く身近な病気ともに言えます。

調べてみました。

 

 

 

 

●敗血症とは

敗血症とは、感染症によって生命を脅かす臓器に障害が現れる状態です。

敗血症を発症すると全身の各種臓器に症状を生じ、中枢神経障害(突然精神機能障害や意識障害が起こり、頭が混乱状態になるなどの症状がみられる状態)を引き起こすこともあります。

敗血症を発症すると高い死亡率を示すため、早期の段階で敗血症を診断し、治療介入を行うことが大切です。

 

●原因

敗血症の原因は感染症です。

体の中に細菌(病原体)は繁殖し、組織や臓器を障害し、敗血症を引き起こします

敗血症は、肺炎、尿路感染症、皮膚および腸管の感染と関係。

ブドウ球菌や大腸菌、いくつかの連鎖球菌が敗血症を引き起こす主な細菌と言われています。

 

症状

敗血症では何か一つの症状や兆候が出るというようなことはなく、発症とともに様々な症状が組み合わさって出現します。

敗血症というのは感染症の結果として起こるため、嘔吐下痢や咽頭痛などの感染症症状を伴うなど、以下にあげるように様々な症状を呈します。

<様々な症状>

・悪寒とふるえ、発熱

・身体の疼痛や不快感

・冷たく湿潤した皮膚

・意識低下(混乱や見当識障害)

・息切れ、頻呼吸

・頻脈 など

 

敗血症性ショック

敗血症の症状が非常に重くなると、敗血症性ショックと呼ばれる状態に陥ることも。

敗血症性ショックになると・・・

・尿量が低下

・せん妄などの意識障害

・皮膚の色が変わる

などの症状が現れるようになります。また、血液の固まりやすさに影響が生じることも

※PICS(集中治療後症候群)

敗血症から回復した後に、PICS(Post Intensive Care Syndrome:集中治療後症候群)と呼ばれる状態になることがあります。PICSは、認知機能障害や筋力低下、心的外傷後ストレス障害などの症状が現れます。

 

●検査・診断

①SOFA(Sequential Organ Failure Assessment)

敗血症の診断では、SOFA(Sequential Organ Failure Assessment)と呼ばれる基準が用いられます。集中治療室では、感染症が疑われ、SOFA総スコア2点以上の急上昇があるときに敗血症を疑います。

非集中治療室では・・・

<quick SOFA>

①呼吸数22回/分以上

②意識レベルの低下

③収縮期血圧100mmHg以下、の3項目から成り立つ

quick SOFAの2項目以上に当てはまる場合に敗血症を疑い対応する。

 

②血液検査

敗血症では、炎症反応症候群を発症していることを確認するため、血液検査を実施。血液中の酸素濃度の低下や、白血球の数に異常がないか、などを調べます。

また、敗血症性ショックになると、各種臓器障害が生じるようになるため、臓器障害の程度も確認します。

 

●治療

敗血症では、診断後1時間以内を目標として広域な抗菌薬の速やかな投与が必要。

1時間投与が遅れるごとに、経過が悪くなるといわれています。また、病気からの回復後に認知機能障害や筋力低下、心的外傷後ストレス障害などの症状が現れることもある(PICS:集中治療後症候群)ため、退院後も継続したケアが必要であると考えられています。

 

●敗血症の予防

敗血症は感染症の予防が敗血症の予防につながります。

<主な敗血症の予防方法>

ワクチン接種

インフルエンザワクチンや肺炎球菌ワクチンなど、感染症予防のためのワクチン接種は敗血症予防につながると言えます。

ワクチンは、主治医や近くの医師に相談し詳細な情報や接種のタイミングなどをみて接種していきます。

衛生を保つ

傷口をしっかり洗う、普段から手洗いやうがいをするなど、衛生手技をしっかり行うことで感染性微生物の増殖や体内への侵入を防ぐ

初期に対応

時間とともに敗血症は進行していきます。早期発見し、それ以上の悪化を防ぐ。もし重症感染症だと感じたなら、敗血症の症状(悪寒とふるえ、身体の疼痛や不快感、冷たく湿潤した皮膚、意識低下、息切れ、頻脈など)がないか気をつけてください。

 

●敗血症の後遺症について

敗血症の一部の人は後遺症が残ることがあります。この後遺症には以下のようなものがあります。

<主な後遺症の症状>

不眠、寝つきにくい、睡眠不順

悪夢、鮮明な幻覚、パニック発作

筋肉の動きが悪い、関節痛

精神(認知)機能の低下

自尊心と自己信念の喪失

臓器機能の障害(腎不全、呼吸機能の問題など)

四肢を失う(治療により手や足を切断するなど)

 

参考資料

http://敗血症.com/index.html