OTのブログ

約11年間ではありますが作業療法士をしています。新たな挑戦としてブログ始めました!! 医療福祉の情報や病気、怪我、体験談なども書いていきたいと思います!! よろしくお願いします。

【呼吸器】気管支喘息~小児から高齢者の方まで起きる可能性あり~

気管支喘息

f:id:ohashi-no-hanashi:20200406135113p:plain

 

喘息は“アレルギー疾患“の代表的なもの。
遺伝や環境なども影響している病気です。
特に夜多いみたいで、夜寝られなかったと聞くこともあります。
利用者さんの中で喘息の方がいたため学びとしてまとめました。

 

 


●気管支喘息とは

アレルゲンの吸入(ダニ、花粉など)が発症の引き金となることが多い。
アレルギー反応によって気管支の炎症がおこり、筋が痙攣を起こし収縮。

また、気道の粘膜が炎症を起こし浮腫を生じ、さらに気道内が狭くなる。

そのため、気道が狭くなり呼吸が困難となってしまう。

 

発作の要因

<アレルゲンによるもの>
ダニ、花粉、動物の毛、ハウスダスト、食物など

<アレルゲン以外のもの>
タバコ、アルコール、薬、化粧品
汚れた空気、天気・気温の変化(季節の変わり目)
風邪・感染症、過労、ストレス

 

 

●症状

呼吸困難:発作が強くなると、仰向けに寝ていることもできず、座位で前かがみの姿勢をとる(起座呼吸)。

喘鳴:ヒューヒュー、ゼーゼーという音が出る。

咳・痰:大多数の患者が訴える。

その他:動悸、息切れ、胸の痛み・違和感

 

咳・痰について詳細⇓

www.ohashi1212.com


●治療

<薬物療法>
吸入ステロイド薬:炎症を抑える作用がある。
抗アレルギー薬:炎症の原因物質を抑える。
気管支拡張薬(β2刺激薬):収縮した筋肉や粘膜に作用し気道を広げる。

 


●予防

症状と病態を把握する。
生活環境を整える
体調管理(ストレス・疲労など)を行う。
適度な運動を行う(水泳など)。
※喘息によって日常生活を制限する必要はなく薬によりコントロールすることで、発作を抑えることができるため、生活や運動を制限する必要はない。

 

<喘息発作が起こりうるリスク>

①激しい運動や寒い部屋で運動を行う。
②ホコリやゴミなどを吸い込む。
③疲労やストレスを溜める。
④時間帯(深夜から明け方)、天気、季節
⑤風邪などの感染症

によって発作が起こる。
※気管支喘息は、喘息発作を起こさないことが重要である。

 

<どうしたら発作を予防できるか>

・部屋の掃除(環境整備
 ゴミやホコリなどが舞うような環境を作らない。
 部屋の温度・湿度の調節
生活習慣、環境の改善(手洗い・うがい、保湿、換気など)
アレルゲンの特定を行い、原因となるものを知る。
ストレスを溜めない
タバコ、アルコールの禁止
・服薬管理
※季節の変わり目や風邪(インフルエンザ)の流行する時期は特に注意する必要がある。
運動の調節(無理運動はしない)
 疲労を残さない、ストレスをかけない
運動する時間を考える
 朝よりも昼ごろに運動を行う。

 

参考資料

①大成浄志 他:内科学 第2版.医学書院,2005
②梶原博毅 他:病理学 第2版.医学書院,2004
③山口和克:病気の地図帳 第9版.講談社,2005
④佐野靖之:ぜんそく 最新治療と健やかな毎日の知識.法研,2006
⑤佐野靖之:ぜんそくに克つ生活読本.主婦と生活社,2008
⑥北原静夫:ぜんそく・アレルギー退治百科.みずうみ書房,2004
⑦中野昭一:病気の成り立ちとからだⅡ.医歯薬出版株式会社,2001

 

 

関連記事⇩

www.ohashi1212.com

www.ohashi1212.com

www.ohashi1212.com