OTのブログ

約11年間ではありますが作業療法士をしています。新たな挑戦としてブログ始めました!! 医療福祉の情報や病気、怪我、体験談なども書いていきたいと思います!! よろしくお願いします。

冷え性~甘く見てはいけません‼~【情報】

冷え性

f:id:ohashi-no-hanashi:20191202192147p:plain

 

 

 

1.冷える原因

f:id:ohashi-no-hanashi:20191205200648p:plain

①筋肉不足(運動不足による筋力低下) 

筋肉が少ないと、体内で作られる熱も少なくなる(筋肉は熱を作り出すための大切な部位)ため、冷えに繋がります。女性が冷えを感じやすいのは、筋肉の量の違いが影響しています。

 

②ストレス・睡眠不足

生活習慣が乱れる(ストレスや睡眠不足など)と、自律神経のバランスが崩れる原因になります。そのため、冷えに繋がるのです。

自律神経:呼吸器官や消化器官、体温調節機能といった、私たちの体の生命維持機能をコントロールする役割。

 

③冷たい物の食べすぎ飲みすぎ

冷たい物食べ過ぎると体の中まで冷えてきます。そのため自然と冷えに繋がります。

 

 

2.冷えると体で何が起こる?

f:id:ohashi-no-hanashi:20191205201853p:plain

①血流が悪くなる

体は冷えると大切な内臓を守るために先に内臓から温めようとします。そのため、血液は体の中心に集中します。

体が冷えると熱を逃がさないように血管が収縮します。そのため血流が悪くなるのです。血流が悪くなることで毛細血管まで熱が届かなくなるため、手足が冷えてしまうのです。

血流が悪くなることで手足に十分に熱が届かないため、手足の冷えが慢性しやすいです。

 

②老廃物がたまる

血流が悪くなると代謝が低下し、使うエネルギー量も減るため 血管・内臓・筋肉の機能が衰えていき老廃物がたまっていきます。

体が冷えると体から熱を逃がさないように皮下脂肪を蓄え始めます。代謝が落ちて消費されないエネルギーがどんどん皮下脂肪の蓄積に使用されて太っていくのです。

 

③免疫力の低下

体が冷えると免疫力の低下にも繋がります。

冷えることで疲労感や風邪などを引きやすくなります。

 

 

3.冷えで起こる体の症状

f:id:ohashi-no-hanashi:20191205204057p:plain

<身体面>

①疲労感・だるさ

②不眠

③頭痛・肩こり・腰痛

④便秘・下痢

⑤食欲不振、浮腫(むくみ)

女性の場合、体が冷えると生理痛などが重くなる、手足が浮腫(むくみ)などの症状が出やすくなります。冷えにより不調をきたしやすいため、生活の中で影響が出てきますそのため、日常生活の中で予防することが大切です。


<精神面>

①イライラする

②集中できない

③憂鬱な気分になる

冷えることで身体的症状が出てその状態が慢性化してしまうと、うつ状態につながることも考えられます。

 


4.予防・対策

f:id:ohashi-no-hanashi:20191205210609p:plain

①運動する

適度な運動をすることによって筋力つけて血行を良くしていきます。自律神経を整えることにもつながります。

自律神経を整えるための運動は、有酸素運動が良いとされています。ウォーキングやジョギングなどの始めやすい運動から行っていくといいと思います。

 

②服装や食事に注意する

自分に合った服装をする。特に、冷房にあたる夏場(エアコンや扇風機の当たりすぎに注意)は、体が冷えないよう調節することができる服装、ひざ掛けや腹巻など体を冷やさないような工夫を。

夏は冷たい食べ物や飲み物を取ることが多くなり、体を冷やす原因となります。冷たい物を取りすぎず、できるだけ常温や温かい物を取るようにしましょう。

<体を温める食材や飲み物>

食べ物:生姜・ネギ・ニラ・ニンニク

飲み物:紅茶・ほうじ茶・ウーロン茶・生姜湯 など

冷たいコーヒーや緑茶、牛乳といった飲み物は体を冷やしてしまうため、冷えによる不調が出ているうちは避けるようにしましょう。

 

③入浴で血流を改善

シャワーで済ませるのではなく湯舟に入る

湯舟に入ることで全身の血流の改善に効果があります。ぬるめのお湯にゆっくり浸かることで体を温めることができます。また、血流改善だけでなくリラックス効果もあります。

 

<温めるポイント>

①首、手首、足首

⇒温めることで全身を流れる血液を温めることができる。

②大きな筋肉(太ももや二の腕やお尻など)

⇒血流の多い場所なので全身を効率よく温めることができる。

③仙骨周辺、腹部、腰まわり

⇒副交感神経の中枢があり、臓器の機能もあるのでしっかり温める必要がある。